令嬢、絶倫庭師に調教されて

2話

ゆうべ、またあの男の夢を視た。あの男の指が私のありとあらゆる所に触れ、恥ずかしい思いをさせられる…。まだ本当の男さえ知らないのに、なぜこんな夢を視るのだろう。あの男…うちの代々の庭師の一族…森也。あいつが昨日も温室の所で私をいやらしい眼で見つめていたからだ。「森也は凄くアレがうまくて。夜になるとあの温室で腰が抜ける程してくれるわよ」「まあ、あの蘭の温室で?大胆ねえ…」立ち聞きした使用人達の話の淫らさに私は頭がカッとなり、その夜温室を覗いた。妖しく乱れ咲く蘭達の中、一対の獣のように女と絡み合う森也がいた。「ああ…許して…もう…私」「まだだよ。そら…もっと足を開きな」私の体の恥ずかしい部分から熱い痺れが!?

クレジットカードで月額コース契約すると1ヶ月目無料

※契約月に解約された場合は適用されません。

  • 購入 巻配信はありません
  • 購入 全6ファイル完結

現在表示中の話数を最大10話までまとめ買いできます。

※未発売の作品は購入できません

  • 購入 巻配信はありません
  • 購入 全6ファイル完結

令嬢、絶倫庭師に調教されての関連漫画

「汐見朝子」のこれもおすすめ

特集から探す

キャンペーン一覧

無料漫画 一覧