小説家Sは、ミダラに暴く。

第4話-1 「うぶな彼女を、私がミダラに変えたのだ」

「ほら、おねだりの仕方は教えただろう?」小説家センセイのエッチな指で全身を触られ、しとどに濡れそぼった蕾を太い欲棒で貫かれ――イキすぎておかしくなる…! 彼氏に借金を押しつけられ、捨てられた幸(さち)。路頭に迷っているところを謎の和服イケメンが助けてくれたけど、なぜか家に連れていかれ、そのまま脱がされ押し倒されて!? 「私の小説の濡れ場モデルになってくれ」バイト代は私のカラダ!? 官能☆サディスティック・ラブ!

クレジットカードで月額コース契約すると1ヶ月目無料

※契約月に解約された場合は適用されません。

前へ
1

現在表示中の話数を最大10話までまとめ買いできます。

※未発売の作品は購入できません

小説家Sは、ミダラに暴く。の関連漫画

「いちろ五月」のこれもおすすめ

特集から探す

キャンペーン一覧

無料漫画 一覧