箱庭にとけるヒメゴト~親子なんかじゃない

【親子ごっことは?】父と娘の関係ではない2人が親子のふりをして生活することである。紗羽とお父さん(颯恭)は、近所でも有名な仲良し親子。憧れの颯恭と同じ小説家になる夢をこっそり抱いていた紗羽だったが、颯恭に嘘をついて男性編集と会っていたことがばれてしまい…。「お父さんに嘘をついて、若い男と過ごす時間は楽しかったかい?」嫉妬という感情により親子という名前に隠された関係が露わに…!?「もうこんなに濡らして…」激しくも優しい愛撫に、束縛のような甘い睦言。「本当は君を誰にも会わせず、この家に閉じ込めてしまいたい」2人が親子のふりをすることになったきっかけとは?

今すぐ全巻購入する

カートに全巻入れる

※未発売の作品は購入できません

箱庭にとけるヒメゴト~親子なんかじゃないの関連漫画

「ひづきはるか」のこれもおすすめ

特集から探す

キャンペーン一覧

無料漫画 一覧