七つの大罪 35巻

英雄六傑、頂上超決戦! 団長の魔神王化を阻み、王女を死の呪いから解き放つ。不可能を可能にすべく、敵中枢に斬り込む命知らずたち! 「閃光」の天使長、唯我独尊の〈傲慢〉、天下一の魔術士らの強襲が功を奏すか? 〈おしゃぶり〉&〈うたたね〉の最凶W指南役が返り討ちに仕留めるか? 天下分け目のキャメロット。聖戦の本丸で勝機を掴むはいずれの軍か──!?

クレジットカードで月額コース契約すると1ヶ月目無料

※契約月に解約された場合は適用されません。

2
次へ

今すぐ全巻購入する

カートに全巻入れる

※未発売の作品は購入できません

メディア化情報

  • 映画化

    「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」

    2018年8月18日公開
    声の出演:梶裕貴、雨宮天、久野美咲

スタッフおすすめレビュー

※ネタバレを含む場合がありますのでご注意下さい

ヒロイック・ファンタジーの王道『七つの大罪』。
作品タイトルとなっている「七つの大罪」は、七人の凶悪な大罪人から結成され、かつて王国最強とうたわれた騎士団です。
しかしながら王国転覆をはかった罪により、現在王国を牛耳っている「聖騎士団」から追われる立場となっていて…。
と言うと、どんな極悪非道の連中が出てくるのかと想像してしまいますが、実際は女の子(エリザベス)にセクハラをすることが大好きな酒場の店主だったり、好きな女の子とうまくおしゃべりがすることができなくて赤面してしまう妖精だったりと、どこかゆる~い人たちでした。
そんなメンバーによる「七つの大罪」ですが、皆が皆、志を同じくするチームメイトというわけではないところが魅力でもあります。
互いに明かしていない過去や秘密があったり、メンバー間での目的が異なれば別行動をとったり、と…一人ひとりが勝手気ままで謎が多く、各人好きなことを言っては自由に動き回るので、我々読者の予想のつかない物語展開を次から次に見せてくれます。
また、個性的なキャラクターたちがそれぞれが自分の持ち味を活かして戦うアクションシーンは迫力があり、読み応えが あります!
私の好きなキャラクターは、巨人族のキュートな僕っ娘(しかも巨乳)・ディアンヌなのですが、巨人族ゆえに戦闘能力が高く、土や木をなぎ倒して戦う姿は圧巻です(それなのにちょっと天然ボケで虫が苦手、というのもめちゃくちゃかわいい)
王道のファンタジーマンガが読みたいという方に全力でおすすめ!

続きを読む

七つの大罪の関連漫画

「鈴木央」のこれもおすすめ

特集から探す

キャンペーン一覧

無料漫画 一覧