断腸亭にちじょう

39歳、ひねくれ漫画家「ガン闘病」記。


2019年1月。
初の単行本重版を迎え上々の日々を過ごす、
ひねくれ漫画家・ガンプ。

しかし、人生急転。医者に告げられしは…
まさかの「大腸ガン」。

妻、親族、仕事…ゆれ動く日々の中で、
ガンプは沸き上がる感情を
「にちじょう」として
書き残すようになっていき―――

これは、四十歳手前の漫画家が記す…
徒然なる”ガン闘病”の軌跡である。

クレジットカードで月額コース契約すると1ヶ月目無料

※契約月に解約された場合は適用されません。

  • 購入 1巻配信中
  • 購入 話配信はありません

今すぐ全巻購入する

カートに全巻入れる

※未発売の作品は購入できません

  • 購入 1巻配信中
  • 購入 話配信はありません

スタッフおすすめレビュー

※ネタバレを含む場合がありますのでご注意下さい

不惑間近、単行本に初めて重版がかかったマンガ家「ガンプ」。
上向きかけた彼の日々を一変させたのは、ステージ4の大腸ガンでした。
妻の「サテコ」とつつましく暮らしつつ、ひたすらマンガを描いていた彼を待ち受けていたのは
不安しかない検査と治療の日々。
仕事も家事もままならず、健康だった頃は遠ざかっていくばかり。
仕事のチャンスを手放す描写には胸がしめつけられます。
「すぐに泣けるサテコに半ば感心しつつ『ごめん』と声をかけたと思う」という告知のシーンのモノローグや、
インチキじみた医師への複雑な感情など、
病気に苦しみながら自分の心の動きをこんなに冷静に解釈できるものなのか…と圧倒されます。
ふんわりしたタッチのイラストが作品に奥行きと味わいを与えています。
健康診断、もうちょっと真剣に受けよう…と思った、脂肪肝の書店員でした。

断腸亭にちじょうの関連漫画

「ガンプ」のこれもおすすめ

特集から探す

キャンペーン一覧

無料漫画 一覧