制服聖少女調教

「その人のことを考えると足の間が熱くなる気がして…」幸せな学園生活を送る私には不安があった。それは古文教師の藍澤先生。貞淑な女子高の懺悔室で私は告白をした。告白をきいていたのはなんと藍澤先生。懺悔室での告白は秘密のはずなのに、楽にしてあげると彼は股間を触りだした。割れ目を擦ると気持いいとか、舐められるととてつもない快感がくるだとか、これが男女の姦淫行為だと先生は教えてくれた。もっと教えてほしいならまた訪ねてくるようにという先生。はずかしいと思うし、いってはいけないと思いながら私はまた彼を訪ねた。先生は私を縛り上げて純潔を奪う…。男女の間にこんなに罪深い遊びがあったなんて…。

現在表示中の話数を最大10話までまとめ買いできます。

ユーザー100万人突破記念

制服聖少女調教の関連漫画

「蒼田カヤ」のこれもおすすめ

この漫画を見た人はこれも見ています

おすすめジャンル一覧