お兄ちゃんに大事なモノを捧げました。

朝、俺の隣で美少女が眠ってた。指に吸い付くオッパイを堪能し、柔らかなアソコをいじっていると、彼女は次第に喘ぎ始めて――このリアルな感触、もう我慢できない…!目を覚ました彼女を強引に押し倒してナマで愛撫すると、すぐにアソコがびしょ濡れに。敏感なトコを攻め立てれば、可愛い声で激しく喘いじゃう。トロトロになったカラダを堪能していると、彼女が俺のことを「お兄ちゃん」と呼んできて…。俺に妹なんて居ないのに。「私の大事なモノ捧げたことも…覚えてないの?」大事なモノって、まさか処女――!?

オトナ作品をもっと簡単に探すには?

※この作品はセーフサーチ対象作品です。

前へ
1

現在表示中の話数を最大10話までまとめ買いできます。

※未発売の作品は購入できません

お兄ちゃんに大事なモノを捧げました。の関連漫画

作者のこれもおすすめ

特集から探す

キャンペーン一覧

無料漫画 一覧