はっちゃん、またね 多発性骨髄腫とともに生きた夫婦の1094日

「はっちゃんのいないこの世界は死ぬほど空しい。でも、私は生きてゆく――」多発性骨髄腫を発症した夫・加賀八郎(「THE GOOD-BYE」ベース、ボーカル)との日々を、妻で漫画家の池沢理美が描いた、夫婦の闘病コミックエッセイ。夫婦で過ごした切なくも愛おしい1094日間の物語です。「壮絶な闘病、そして喪失の哀しみののちに残ったのは、愛でした――。」

今すぐ全巻購入する

カートに全巻入れる

※未発売の作品は購入できません

スタッフおすすめレビュー

※ネタバレを含む場合がありますのでご注意下さい

「ご主人ですが、多発性骨髄腫という、血液のガンの一種です。(今の進行具合での)平均生存月数は24ヶ月から36ヶ月と言われています。」
漫画の冒頭から頭が真っ白になる。どういうことなのだろう。

この作品は、55歳という若さで息を引き取ったミュージシャン加賀八郎さんの闘病生活と大切な日々について、妻で漫画家の池沢理美さんがエッセイとして執筆した物語です。
夫の入院生活と、それをどんな気持ちで妻である作者が支えていたのか、心情の変化と共に、日々の出来事を細やかに描いています。
最も印象的なシーンは、ありとあらゆる薬や治療法を試す中で『「治療」としてそれ以上できることはありません』と医師から言われるシーン。
その後から作者は「覚悟」をするのです。彼との一分一秒を噛みしめていこうと…

涙なしでは読めない作品ですが、悲しみだけではなく、「愛」を感じることのできる作品です。妻の愛、友人の愛、自分を支えてくれる人の愛。多くの方に一度読んでみてほしい作品です。

はっちゃん、またね 多発性骨髄腫とともに生きた夫婦の1094日の関連漫画

「池沢理美」のこれもおすすめ

特集から探す

キャンペーン一覧

無料漫画 一覧