太陽が見ている(かもしれないから)

友達とどこか違うと感じている岬。クラスで浮いている楡。中3の2人は席替えがきっかけで、急速に仲良くなっていく。春、同じ高校に進学した岬と楡は、フラットハウスに一緒に住むことに。そんな2人の前に、楡の幼なじみ・日帆が現れて…。3人の関係が動き始める!! 【同時収録】いくえみさんちの白い犬 番外編
  • 購入 7巻配信中
  • 購入 話配信はありません

今すぐ全巻購入する

カートに全巻入れる

  • 購入 7巻配信中
  • 購入 話配信はありません
ユーザー100万人突破記念

スタッフおすすめレビュー
※ネタバレを含む場合がありますのでご注意下さい

クラスメートの他愛もない話を聞いている時。クラスメートのコイバナを聞いている時。修学旅行の女子部屋で誰かと誰かが揉める時。
例えばそんな瞬間に、「周りと馴染めない」とか、「どうでもいい」とか、思ったことはありませんか?
いくえみ綾の描くマンガは、「本音と建前」で言う所の「建前」の部分の描写が繊細で見入ってしまいます。
この『太陽が見ている(かもしれないから)』は、実写ドラマ化で大人気の『あなたのことはそれほど』と同様に、人の心は複雑に揺れ動き、人間関係に対して繊細に反応することを丁寧に描いています。
このマンガの中心にいる楡(にれ)は、少しミステリアスで他人を拒絶するような態度を取りますが、物語が進んでいくと彼の取る行動も理解できます。とにかく彼のビジュアルや言動が、痛々しくも美しいです。

太陽が見ている(かもしれないから)の関連漫画

「いくえみ綾」のこれもおすすめ

この漫画を見た人はこれも見ています

おすすめジャンル一覧